千葉で樹木葬の温かみを感じる事ができます

  • 埼玉に増えている永代供養

    • 最近では、後継者がいない、子供や孫に負担をかけたくないといった理由から、永代供養墓を選ぶ人が増えています。
      永代供養は、お墓を守る人がいなくても、お寺や霊園が永代にわたって供養し、管理費もなくほかの人と一緒に埋葬するので、費用が安くなるというメリットがあります。

      埼玉でも、永代供養墓は、少子化や核家族の影響で20年ほど前に登場しました。



      また、宗教離れなどの価値観の変化によって、一般的なお墓ではなく、永代供養や散骨、樹木葬といった葬送を選択する人が急増しています。


      これまでのお墓は、承継者がいなくなると無縁墓となってしまいますが、永代供養は無縁墓になることもないため、生涯独身でいる人や、子供のいない夫婦、身よりのいない高齢者など 、さまざまな形態があり、そういった人のニーズに応えるため誕生しました。



      個別の墓石を建てるものであれば、通常のお墓と同じようにそれぞれの墓石に文字を刻むこともできますし、共有の施設に収める場合には、一つの石碑を共有して、名前を刻むこともできます。
      埼玉でも増えている理由のひとつとして、一般のお墓に比べて安いという点と、承継者がいなくても安心という点があります。


      また、宗旨・宗派も問わず、通常のお墓で必要となる管理費も必要ありません。
      埼玉など首都圏ではお墓不足が問題となっていますが、そういった問題も解決することができますから、興味がある人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

      Yahoo!ニュース情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

top