千葉で樹木葬の温かみを感じる事ができます

  • 埼玉で永代供養する時のポイント

    • 埼玉をはじめ日本全国でお墓に対して悩みを持っている人は少なくありません。
      特に、お墓を継ぐ人がいなかったり、子供に負担をかけたくないという思いを持っている人は、永代供養墓を選択するという人が急増しています。永代供養墓とは、お墓参りできない人に代わって、お寺が責任をもって永代にわたって供養と管理をしてもらえるお墓のことで、一般的にはほかの人といっしょに合祀されることkあら、合同墓や共同墓などとも呼ばれています。



      埼玉でも、お墓参りをしなくてもお寺が責任をもって永代にわたって供養してくれる永代供養墓が急増し、マンションタイプの納骨堂も人気となっています。
      マンションタイプの納骨堂は、特に土地の確保が難しい埼玉などの都市部では、需要が大きくなっています。


      もともと納骨堂は、墓地に埋葬するまで、一時的に預かる期間が決まっていますが、最近は、納骨堂を一時的なものとはせずに、永代供養の場として利用する人が増えています。


      お墓か納骨堂かで迷う人も多いと思いますが、メリットとして納骨堂はお墓に比べると金額が明確でお墓よりも安く墓石や永代使用権なども必要ありません。また、年間管理費や檀家になった場合のお布施なども必要ありませんから、明確に安くすみます。

      そのほかにも、立地条件のよい場所にありますから、お墓参りに足を運ぶのも安心して利用することができます。



      ただ、お盆の時期などは、お参りに訪れる人も多いため、混雑しますし、ペット同伴を禁止しているところも多く、制約が多いといえます。

      朝日新聞デジタルを理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

top